マンション・ビル・管理組合オーナー様 大規模修繕工事で価値ある資産維持

 

マンション・ビル・管理組合オーナー様へ

 

熱・紫外線・オゾン・酸・アルカリなど科学的要因や下地の挙動などの物理的要因など、多岐に渡る劣化外力が複雑に影響を及ぼしあい老朽化・劣化が進行していきます。

おおよそ建てられてから10年以上経過し建物には、こうした経年劣化が現れます。弊社では、お客様からご相談を頂いた際には、調査診断により劣化状況を把握し、建物に適した工事内容を選定御提案致しております。お気軽にお問い合わせ下さい。

 

■ 外壁塗装・タイル・コンクリート

外壁は1年中風雨や紫外線に毎日曝されています。外壁が劣化すると美観を損ねるだけでなく、雨漏れの原因になり、建物内部の劣化が進みます。下記のような症状があらわれたら、外壁のメンテナンス時期に来ていると言えます。

  • タイル面にクラックがある。
  • タイルとコンクリートの目地シーリング防水が風化し、劣化している。

  • コンクリートが劣化して中性化状態になり、鉄筋が膨張しコンクリート爆裂を起こしている。鉄筋がむき出しているのがわかる。
  • 外壁塗装が劣化し、汚れが目立っている。
■ 屋上防水

1年中風雨にさらされている屋上は、床面・立上り面に防水層が施されており、居室の中に雨が入らないよう守られています。下記のような症状があらわれたら、防水のメンテナンス時期に来ていると言えます。

  • 屋上床面 塗膜防水に全面的にひび割れが発生している。
    居室内に雨水が侵入している可能性あり。

  • 立上りの防水層の入隅部が膨らんでおり雨水が防水層に侵入している恐れがある。
  • 立上り部分の防水層は全般的に浮きが認められる。
■ バルコニー

紫外線・雨水・排水・土砂などで劣化は進行していきます。下記のような症状があらわれたら、バルコニー・廊下・階段のメンテナンス時期に来ていると言えます。

  • 排水溝にコケが生えており立上り防水層が劣化している。
  • 床面押えコンクリート部分からエフロレッセンスの発生がある。

  • 立上り手摺とコンクリートの天端に爆裂の発生がある。

■ 建物劣化調査報告書作成

      プロの目で診断!

↑こちらをクリックをしてください。詳しい診断内容を記載しています。

 

 

■ 給排水設備工事

給排水管の延命・更新工事

 

 

給水管の延命工事 給水管は経年で劣化し、管の特に接合部で錆が発生し、管路が狭くなります。管全体の錆が発生しにくい環境を造り出すのが更生工法(延命工法)です。延命工法は現場での施工タイプとなります。工法としては、更生工法(ライニング工法)と洗浄工法があります。また装置設置タイプとして既存配管等に何らかの装置を設置し、その効果で主に水質の改善を行う工法も各種有ります。

 

 

 

 

 

 

給水管の更新工事 給水管の更新工事とは、錆びている材料を錆びない錆びにくい材料に交換してしまうことです。交換材料は、「塩ビライニング鋼管」「ステンレス鋼管」「架橋ポリエチレン管又はポリブデン管」となります。

 

排水管の延命工事 雑排水管の劣化は悪臭・詰りからの漏水と様々な症状であらわれます。延命工事としては管のつまり抜き工事を主に給水管同様の延命工事が取られています。

 

排水管の更新工事 排水管の再生は劣化した管を新しい管に交換する更新工事が主です。交換の材料は、「排水用鋳鉄管」「配管用炭素鋼鋼管」「排水用硬質塩化ビニルライニング鋼管」「硬質塩化ビニル管」を使用します。

 

 

※注意

雑排水管の改修では室内の壁や床の解体、復旧工事が伴います。設備工事だけではなく、広く建築工事の知識と施工前の全体施工計画を正確な調査診断のもとに決定することが重要です。

 

給排水管ライニング工事(切断部)

 

クリーニング前(目視)
クリーニング前(内視鏡)
クリーニング後(目視)
クリーニング後(内視鏡)
ライニング後(目視)
ライニング後(内視鏡)

 

 

 

 

 

第三者賠償補償

 

保険証券

木曽建材工業(株)は、マンションの大規模修繕工事(小規模リフォームも含む)を施工するにあたって国の労災保険はもとより、民間の建設業者総合賠償責任保険に加入しています。

 

 

・一事故に付き1億円

・保険期間中の補償1億円

 

 

 

木曽建材工業は、工事を進めるにあたって居住者様の安全対策を十分に行い、責任有る施工体制を図り、施工指導を行います。

マンション・個人邸リフォーム工事 クリック

改修時期をむかえた防水工事の単独施工

 

木曽建材工業(株)は改修時期をむかえた防水工事(屋上・ルーフバルコニー・エントランス・共用廊下)の単独施工をおすすめしています!!

大規模修繕工事は、防水工事・塗装工事・外壁修繕工事・仮設工事とすべてを行います。
しかしすべて一括して施工する必要性が有るのでしょうか。大規模改修時の煩雑さを軽減し工事期間を短縮して予算計画の細分化・コスト低減をするためにも防水工事を単独発注されることをおすすめします!

大規模修繕

A MAJOR RENOVATION

 

大規模修繕の流れ

 

1. お問合せ
雨漏れ、給排水設備等の不具合等でお困りの不具合をお問合せ下さい。

2. 現地調査
お客様のご要望に対しての現場調査と診断を行います。

3. 調査報告書・御見積書の作成
調査報告書を作成し、調査結果に基づき御見積書を作成し、補修方法や改善方法内容を決定します。

4. 工事説明会・御近所の御挨拶
着工前にはお客様に工事のご案内や注意事項をご説明致します。

5. 工事着手
工事説明内容・請負契約書に従って、工事を安全管理・品質管理をもとに進めて参ります。

6. 社内竣工検査
毎日の巡回検査はもとより、工程終了前に社内検査を行い、適切に施工されているか検査致します。

7. 施主検査・お引渡し
竣工検査が完了後、保証書類などの完成書類をお渡しし、完成お引き渡しとなります。

8. アフターサービス
お引き渡し後も定期的に点検を行います、
又、小補修等のお仕事も承っております。