マンション・個人邸リフォーム工事 安心と信頼のリフォームで住まいをより快適に

住まいのリフォームをお考えの方へ

建物は日々厳しい条件下に置かれています。

新築(家)を建てたとしても、風雨や強い日差しをあびて年月を重ねると徐々に悪い所が出てきます。家もそれに合わせ、点検、調査し、改修を行う必要があります。最初の大きな変化は、築後8年〜12年位で訪れます。

10年前後で外壁やカラーベスト、屋上、ベランダ、防水、サッシ廻りのシーリング等塗り替え及び防水の改修を行うのが望ましいでしょう。10年目にしっかりとメンテナンスを行うと、その後10年の老化が穏やかになります。20年後には、床、クロス、の張り替えと室内にも手を加えます。そして、30年後には、外装、屋上、屋根など外部素材の交換補修を10年サイクルで行うのがポイントです。

熱・紫外線・オゾン・酸・アルカリなど科学的要因や地下の挙動などの物理的要因など、多岐にわたる劣化外力が複雑に影響を及ぼしあい老朽化・劣化が進行していきます。おおよそ建てられてから10年以上経過した建物には、こうした経年変化が現れます。
弊社では、建物にこうした症状がでてきたら、調査診断により適切な劣化状況を把握し、建物に適した施工を選定、工事を進めて参ります。

施工時期が分かれば、大切な家が長持ちします!

外装

内装

外装チェック!

■ 壁

□ 塗装のはがれ、塗料が手に付く。

□ タイル・モルタルのはがれ、割れ、ヒビがある。

■ 瓦

□ 変色、ずれ、割れがある。

□ 雨漏れする。

■ ベランダ

□ 手すりの根元のヒビ、排水溝のつまり。

□ 床にヒビが発生している。

■ 雨樋

□ つまり、ずれがある。

■ サッシ

□ サッシ廻りのシーリングに劣化がある。

  • ベランダのヒビ
  • 排水溝部のつまり
  • 手摺取付部のヒビ
  • シーリングの劣化
内装チェック!

■ 床

□ フローリングの表面のはがれがある。

□ 歩くと床がベコベコする。

■ 壁

□ 汚れが発生してクロスがはがれている。

■ キッチン・お風呂・トイレ

□ 水廻りがガタガタして古くなった。

□ 高さが合わず使いづらい(腰が痛くなる)

チェックポイントが多いほどリフォーム時期です! プロフェッショナルにお任せ下さい!

リフォーム工事 施工例

防水工事・外壁改修工事

1年中風雨にさらされている屋上、ルーフバルコニー・外壁は、気づかないうちに傷んでいることが多々あります。「雨漏れしていないから大丈夫」と思っていても実際には、壁の内部に水が浸入、滞留していることもあります。外壁が、劣化すると美観を損ねるだけでなく、壁からの雨漏りの原因になるなど生活に支障をきたします。当社は、建物を調査・診断の上最適な改修方法をご提案致します。

  • 屋上防水
  • ベランダ防水
  • 手摺爆裂
  • シーリング亀裂
防水工事・外壁改修工事
  • 床の段差解消
  • クロスの張り替え
  • 手すりの設置
  • 内窓の設置

床・手すり・クロス工事・また、電気・ガス快適設備(床暖房)工事もお受けしておりますのでお気軽にご相談ください。

日本最大級 巨大地震対策はお済みですか?

屋根 塗装工事

天井 補修・塗装工事

ベランダ 防水工事

水廻り商品

  • キッチンリフォーム
  • 浴室リフォーム
  • トイレリフォーム
  • 洗面所リフォーム

住宅金融支援機構・高齢者向け返済特例制度

住宅金融支援機構・高齢者向け返済特例制度をご存じですか?

住宅金融支援機構では、満60歳以上の方を対象としたリフォーム融資制度(「高齢者向け返済特例制度」)を設けいています。

高齢者向け返済特例制度とは・・・・・・。

■ 特徴1
月々のご返済は利息のみと低く抑えられます

例)年3.13%で融資額500万円を借り入れた場合の毎月のご返済額の目安。

一般的な返済方法(10年元利均等返済) → 48,580円 元金+利息

高齢者向け返済特例制度 → 13,041円 利息のみ

■ 特徴2
元金は申込みご本人(連帯債務者を含むすべてのお借入者)がお亡くなりになられたときの一括返済となります。

元金はお亡くなりになられたときに、相続される方が一括で返済されるか、あらかじめ担保提供された建物・土地の処分によりご返済いただきます。

融資額 1,000万円、または、住宅部分の工事費のうちいずれか低い額が上限です。
また審査の結果、限度額までご融資できないことがあります。
融資金利 借入申込時の金利が適用されます。
対象となる工事 以下の「バリアフリー工事」又は「耐震改修工事」を含むリフォーム工事を行う場合が対象です。
バリアフリー工事

次の(1)〜(3)のいずれかの工事

(1) 床の段差解消

(2) 廊下及び居室の出入口の拡幅

(3) 浴室及び階段手すり設置

耐震改修工事

次の(1)〜(3)のいずれかの工事

(1) 「建築物の耐震改修の促進に関する法律」に定める計画認定を受けた耐震改修計画に従って行う耐震改修工事

(2) 機構の定める基準に該当する耐震補強工事

(3) 「木造住宅の耐震診断と補強方法」[(財)日本建築防災協会]その他の耐震診断の結果に基づき行う壁の補強工事等

詳しい内容につきましては、(独)住宅金融支援機構にお問い合わせ下さい。
お客様コールセンタ- 0570-0860-35